カサカサ乾燥肌は主に冬になりやすくなります。乾燥肌の原因は多種多様にありますが、主な原因は肌の脂質が足りないことと、汗の分泌が減っていることです。乾燥肌を防ぐためには、定期的に水分を摂取し、肌が常に潤うように管理します。乾燥肌の人はお風呂に長く入るのも禁物です。シャワーなどで熱い湯を長時間浴びていると、肌の脂質がどんどん流れていきます。脂質は適度に残っていたほうが、肌の健康状態を守るためには良いのです。汗を流す程度ならば、36度前後のお湯をさっとかける程度でも十分なので、シャワーの浴びすぎには注意しましょう。また、お風呂に長時間浸かるのも禁物です。たいていの人にとって、湯船に浸かることは血行を良くしたり、汗をかいてデトックスするなど良いこと尽くめなのですが、乾燥肌の人にとっては問題になります。汗をかくことで、余計に肌が乾燥しやすくなるのです。乾燥肌の人はお風呂上りのケアにも気をつける必要があります。オイルを肌に塗ったりしてしっかりと対策してください。