自動車を売る際、中古車の処分の時も印鑑証明という書類が必要になります。

この印鑑証明に関して解説していきます。

印鑑証明書とは、その印鑑が実印として効力を持つことを裏付ける正式な書類です。

この書類がないのであれば使っている印鑑が実印として認められているかどうかが裏付けられません。

高額な商談になる車両の買い取りですから、どうしても実印が必要ですがその時に印鑑証明が必要となるのです。

役所で印鑑証明を実際に発行するには、印鑑証明をすることが必要です。

書類に登録する印鑑は普通、実印と呼ばれ同じものが二つとないはんこであることが条件です。

この印を持って、役場の案内係に行くことで、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものを発行してもらえて登録が完了したハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、市役所などの案内係へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけです。

さらに、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

ですからどれだけ前の印鑑証明であってもその効力は半永久的に持続するということになります。

しかし自動車売却時には、必要になるのは3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

通常は有効期限の定めはないですが車両の買い取り時には、買い取る側が有効期限を設定していますので、もし所有車の買取を検討している場合は、はじめに準備しておくことが望ましいです。